水虫の薬を正しく使おう|完治に向けた努力

男性医師

治療後の経過と治療費

ドクター

ほくろの除去は美容皮膚科や一部の一般皮膚科などで出来ます。ほくろ除去にかかる費用は、基本的にすべて自費になります。ただし、検査をして悪性と診断された場合は保険適用で手術ができます。一般的な良性のほくろ除去の手術はレーザーで行います。一個あたり5分程度の簡単な手術です。ほくろ除去をしたあとは、ほくろがあった部分が凹んだような状態になります。治療をした後は、1日一回夜寝る前に患部に処方された軟膏を塗るようにします。日焼けをすると周りの皮膚とコントラストがついてしまうので、日焼けをしないように注意深く生活をする必要があります。皮膚の凹みが盛り上がり、フラットになるまでに4ヶ月〜6ヶ月くらいはかかります。

ほくろ除去は決して難しい手術ではなく、美容皮膚科や一部の皮膚科で簡単にできます。良性であれば自由診療になるため、各クリニックごとに費用が異なります。直径が3ミリ以内のほくろ除去は5千円ほど、直径が3ミリ以上5ミリ以内のほくろ除去は8千円ほどが相場です。また、ほくろ3つ以上まとめて取る場合は1つ無料になるなどのキャンペーンをしている美容皮膚科クリニックもあります。平らでそれほど大きくないほくろなら、一回のレーザー治療で治せます。しかし、盛り上がった大きいほくろの場合は、何回かに分けて治療をしたほうが綺麗に仕上がると言われています。その場合は治療費が多少高くなります。いずれにしてもまずは医師にほくろの状態を診てもらうことが大切です。